生命保険の種類と特徴、見直しの必要性とは

事故や火災、地震などの被害は予測することができないものであり、これらが発生すると大きな損害を受けてしまいます。こうした被害を最小限に抑えるため保険は存在し、今では医療保険から損害保険、火災保険など様々な種類のものが存在します。生命保険もそうした保険の中の一つであり、定期と終身、養老の大きく分けて3つのタイプに分けられます。まず定期保険ですがこれは30歳から60歳までと保障期間が限定されるもの、金額など大きな保障が得られる特徴を持ってます。またこれは後で説明する終身保険と比べて保険料が安く抑えられる他、満期金や解約返戻金がないことも性質として挙げられます。定期保険の場合生まれた子供に万が一の危険が無いように加入することが多いそうです。逆に保障期間は一生涯続く終身保険は、貯蓄性が高く老後など将来の積立で加入することが多いタイプです。いつ死亡しても一定額の死亡保険金が受け取れ、途中解約時に解約返戻金があるので葬式の費用として加入することもあります。しかし定期保険と比べて保険料が高く、これは終身の死亡保険では必ず死亡保険金の支払いが発生するからです。生命保険のタイプの最後である養老保険は、定期と同様に保障の対象期間が決まってますが満期になったら死亡保障額と同程度の満期金を受け取れる特徴があります。なので養老保険の加入者は老後の自分や家族を養うことを目的にしていると言えます。しかし養老保険は満期金があるので終身保険以上に保険料が高いので、加入の場合はそれぞれの特徴を知って選択すべきです。ちなみに死亡保障が1000万円を例にすると、定期なら3800円、終身なら18000円、養老なら25000円という例になります。これらを見ると定期保険と養老保険の金額差の大きさが伺え、生命保険選びの大切差が分かります。しかし保険選び以外にも、重要なことが存在しそれは保険の見直しです。

テレビCMや雑誌の広告欄などに保険の見直しをPRする姿を見る人は多いかもしれません。これは生命保険にも同様のことが言え、定期的に検診する必要があります。生命保険だけでも前文で記載した定期、終身、養老などの種類を持つように保険は現在では多くものが販売、確立されてます。その為保険会社は新たに多くの顧客集めに日々市場競争を繰り広げており、保険の内容も常に新しくお得な特徴を持つ商品が登場しています。その為見直しをすると今の保険を解約したほうがお得になるような商品も少なくなく、結果的に損にも得にもなる可能性が生まれます。実際生命保険の場合でも保障内容の合理化や日数が伸びたりすることも確認されてます。また近年のマイナス金利の導入により国債が買われ続け金利が下がった影響は銀行以外にも保険会社にも影響を及ぼしてます。そもそも保険業とは人から資金を集め、株や国債で増やす、あるいは投資で運用したお金で保険金の支払いを行います。つまり金融業と似た業務形態をとってるため、保険料の値上げも考えられ養老保険のように老後まで払い続ければ問題ないという考えは甘いです。保険によっては定期的に値上げ値下げを見直す場合もありますが、多くの場合自動車保険や生命保険のように長期的な契約をした商品が対象になるとされます。なので更新をする際に普段支払う金額よりも高くなって生活が圧迫されるという事態が予想され、見直す大切さが分かります。保険を見直すタイミングとしては特に年代ごとで行うべきです。これは独身から結婚、出産などの経験をすることで保障対象者が自分以外にも家族に必要になることが考えられるからです。子供の養育費のためあるいは万が一の事故や病気のためなど、意外にも多くのお金が必要であることが分かり少しでも金銭負担を抑えるなら定期検診は大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です